イギリスビザ情報


イギリス各種ビザについて

日本国籍者がイギリスに滞在する場合、必ず考えておかないといけないのがビザ。

留学を目的とする方は、一定のルールに従ったビザ(滞在許可)申請手続きや条件について知っておく必要があります。
このページでは、各種のビザの条件や、ビザ申請手続きの仕方をご紹介します。

観光ビザ(Standard Visitor Visa)


・滞在可能期間:6か月
・事前ビザ取得:原則不要
・就労不可

イギリスの観光ビザは、入国の際に、空港で取得します。

入国のときに入国審査官からビザをもらうと、スタンプを押されます。

ステッカーを貼り付けるタイプではないため、「ビザなし」で入国、と思う方もいらっしゃいますが、パスポートに押されているスタンプがビザとなります。

日本国籍者は、顔認証のEゲートを使って入国することも可能です。
この場合、パスポートにスタンプはつきません

学生ビザ (Student Route)

学生ビザのルートは、勉強の目的、滞在期間によって変わります。

観光ビザ | 6か月までの勉強 / Standard Visitor Visa

・6か月までの勉強、英語、専門コースなど
・事前のビザ取得(原則)不要
・英語力の証明不要
・就労(有給・無給に関わらず)は不可
・IHS(Immigration Health Surcharge)の支払いなし

短期学生ビザ | 6か月以上11か月までの英語の勉強 / Short-Term Study Visa

・16歳以上
・英語力の証明は不要
・渡航前にビザ申請の必要あり
・英語以外のコース、語学プラスおけいこコースは不可
・就労は不可
・イギリス国内での申請、延長不可
・IHS(Immigration Health Surcharge)の支払いあり


学生ビザ(旧 Tier 4) / Student Visa | Further or Higher Education

・16歳以上
・英語力の証明が必要
・渡航前にビザ申請の必要あり
・スポンサーライセンス保持の学校に申し込む必要あり
・就労は条件により許可されている
・イギリス国内での延長が可能な場合もある
・IHS(Immigration Health Surcharge)の支払いあり

学生ビザ| チャイルド/Child Student visa

・4歳から17歳まで
・私立の学校で、小中高の過程を勉強するためのビザ
・保護者からの承諾書が必要
・英語力の証明は不要
・渡航前にビザ申請の必要あり
・スポンサーライセンス保持の学校に申し込む必要あり
・就労は条件により許可されている
・イギリス国内での延長が可能な場合もある
・IHS(Immigration Health Surcharge)の支払いあり

ユースモビリティスキーム/Youth Mobility Scheme visa (T5)

・イギリスに最長2年間滞在が可能
・18歳から30歳が申請できる
・£2530の資金証明が必要
・就労、インターンシップ、ボランティア、勉強、フルタイムで可能。*
・英語力の証明は不要
・イギリス国内での申請不可

日本でのビザ申請のしかた

・ビザ申請の流れ
・申請手続きから取得まで
・BRP(Biometric Residence Permit)について

ページ上部へ戻る