イギリス留学ブログ

2024年イギリスワーホリ/YMSが大幅増員  わかっていること、疑問点

※こちらの記事は、最新情報が出る前の古い記事です。
是非最新情報の記事をご覧ください

イギリスのワーキングホリデービザである、Youth Mobility Scheme(ユース・モビリティ・スキーム、通称YMS)を利用できる日本人の人数が、6000人に増員される、というニュースが発表されました。

外務省HP
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_009840.html

日本人を対象にしたYMSのビザ詳細について、英国政府 Home Officeから正式な発表はまだ。
はっきりしていない部分もあります。

こちらの記事では、現時点で

・疑問点
・発表されているYMSのビザの概要

をあげてみました。

疑問点① 増員はいつ?

「2024年春までに」という発表

駐日英国大使館のX

これまでは、1月と7月にEメールを使っての抽選があり、抽選に受かった人がビザ申請をできる、2段階システムです。

増員により、ビザ申請のタイミングが、1年を通した形に変化するのでしょうか?

2024年1月の抽選は一体どうなるのか、今後も英国政府Home Office(UKVI)の発表を注視していきます。

疑問点② 抽選式は継続される?

日本国籍者がYMSビザを申請する時これまでは抽選をメールで申請。
受かった人が、オンラインでビザを申請できるという流れでした。

・抽選システムは継続されるのか?

という疑問がありますが、これもまだ未発表です。
6000人に増員されることにより、抽選システムが継続になるのか、これも今後公式な発表に注目です。


変更点なしのYMSの条件


イギリスのワーキングホリデー(YMS)ビザに関して、以下の条件は来年も変更はなさそうです。

・日本国籍者であること
・申請時で18歳から30歳であること
・£2530の資金証明が必要
・IHS(Immigration Health Surcharge)の支払いあり
・イギリスに最長2年間滞在が可能
・就労、インターンシップ、ボランティア、勉強、フルタイムで可能。*(一部制限あり)
・英語力の証明不要
・イギリス国内での申請不可

英国政府 Home Office HP
https://www.gov.uk/youth-mobility

他の国籍の場合

ニュージーランド国籍者は、すでに上限年齢が35歳、かつ2年過ぎた後に同ビザを延長することが可能です。

カナダ、オーストラリア国籍者は、2024年1月31日以降は上限年齢が35歳に引き上げとなると発表されています。

まとめ

YMSビザは、仕事、勉強などの活動が自由にできる、イギリスでの生活をしてみたい、という方にはとても魅力的なビザです。

今回の年間6000人への増員で、さらに「YMSの在り方」が変わってきそうですね。

YMSビザ申請の詳細については、是非こちらの記事もご覧ください。

イギリス留学のこと、なんでもお気軽にご相談ください。
無料カウンセリングへのお問い合わせはこちらより。

関連記事

最近の記事

おすすめの学校

  1. Oxford International – Oxford
  2. St Giles International – Eastbourne
  3. Oxford International Brighton
  4. British Study Centres
  5. St Giles International – London Highgate
  6. OHC English – London Central
  7. Rose of York
  8. CELT – Centre for English Language Teaching – Cardiff
ページ上部へ戻る