お知らせ

【日本→イギリス】完全ワクチン接種者は入国後の隔離免除に【10月4日からの新ルール】

10月4日から施行される海外からイングランドへの新しい渡航ルールが、英国政府より発表されました。

英国政府HP :Changes to international travel rules
https://www.gov.uk/guidance/red-amber-and-green-list-rules-for-entering-england#new-rules

こちらの記事は、この新ルールの発表を和訳、見出しなどをAverieが編集して足したものです。

 

2021年10月4日(月)午前4時より、イングランドへの海外旅行のルールは、レッド、アンバー、グリーンの信号システムから、レッドリストに掲載の国の単一リストに変更され、それ以外の国からの到着者に対しては旅行措置が簡素化されます。

レッドリストに掲載されていない国や地域からの渡航に関する規則は、渡航者のワクチン接種の状況によって異なります。

====================
完全にワクチン接種を受けている場合の各国(レッドリスト以外)からの渡航について
====================

【このルールの対象者、完全にワクチン接種を受けている人の定義

10月4日(月)午前4時より、14日以上の完全なワクチン接種を受けている方。

・英国、欧州、米国、または海外の英国のワクチンプログラムで承認された予防接種プログラムの下で行われたもの

・オーストラリア、アンティグア・バーブーダ、バルバドス、バーレーン、ブルネイ、カナダ、ドミニカ、イスラエル、日本、クウェート、マレーシア、ニュージーランド、カタール、サウジアラビア、シンガポール、韓国、台湾の関連公衆衛生機関が提供するOxford/AstraZeneca、Pfizer BioNTech、Moderna、Janssenのいずれかのワクチンのフルコースを接種している場合 – このリストにある2回接種のワクチン(Oxford/AstraZeneca、Pfizer BioNTech、Moderna)の混合も認められています。

・米国、カナダ、オーストラリアで正式に承認されたCOVID-19ワクチンの臨床試験に参加しており、公衆衛生機関からの参加証明書(デジタルまたは紙ベース)を持っていること。
必要があります。

【渡航に際して必要なこと】

①2日目のCOVID-19検査の予約と支払い – 英国到着後に実施する。
②Passenger Locator Formをイングランド到着前の48時間以内に作成すること。
③イングランド到着後2日目までにCOVID-19検査を受ける

【以下は免除となります】

・出発前のテストを受ける(出発前陰性証明の提出)
・8日目にCOVID-19検査を受ける
・イングランド到着後10日間、自宅または滞在先での自己隔離


【証明の仕方】

完全なワクチン接種(プラス14日)を受けたことを証明するために、国または州レベルの公衆衛生機関が発行した、最低でも以下の内容を含む文書(デジタルまたは紙ベース)を提出する必要があります。

・名前と姓
・生年月日
・ワクチンの銘柄と製造者
・各ワクチンの接種日
・ワクチンを接種した国や地域、証明書の発行者
・公衆衛生機関からの書類にこれらのすべてが含まれていない場合は、非ワクチン接種者のルールに従わなければなりません。そうでない場合は、搭乗を拒否されることがあります。

<そのほか>
・米国で完全にワクチン接種を受けている場合は、米国の居住者であることを証明する必要があります。

・完全にワクチン接種を受けていても、この完全にワクチン接種を受けている場合の規則に該当しない場合は、予防接種を受けていない場合の規則に従ってください。

 

====================
完全にワクチン接種を受けていない場合の世界各国(レッドリスト以外)からの渡航について
====================

【このルールの対象者】
10月4日(月)午前4時以降、以下の方はこの規則に従わなければなりません。

・完全にワクチン接種を受けた方の規則に該当しない方
・部分的にワクチン接種を受けている
・ワクチン接種を受けていない

【渡航に際して必要なこと】

イングランドに渡航する前に、以下のことを行う必要があります。

①渡航前のCOVID-19検査を受ける – 渡航前の3日間に受ける必要があります。
②2日目と8日目のCOVID-19検査の予約と支払い
③英国到着前の48時間以内に、Passenger Locator Formに記入してください。

【イングランド到着後、以下のことを行います】

①自宅または滞在先で10日間の自己隔離をする。
②2日目以前および8日目以降にCOVID-19検査を受ける。
③Test to Release制度を利用して、個人でCOVID-19検査を受ける場合は、検疫を早期に終了することができる。
こちらは任意です。Test to Release制度について

====================
レッドリスト国からの渡航
====================
10月4日(月)午前4時以降、以下の条件に該当する方は、この規則に従わなければなりません。

・完全にワクチン接種を受けている
・部分的にワクチン接種を受けている
・ワクチン接種を受けていない
・過去10日間にレッドリストに掲載されている国や地域に滞在したことがある場合、イギリスやアイルランドの国民であるか、イギリスでの居住権を持っている場合にのみ、イギリスへの入国が許可されます。

【渡航に際して必要なこと】

イングランドに渡航する前に、以下のことが必要です。

・出国前のCOVID-19検査を受ける – イギリスに渡航する3日前に受ける。
・2回のCOVID-19検査を含む、隔離ホテルパッケージの予約
・英国到着前の48時間以内に、Passenger Locator Formに記入する。
・イギリスに到着したら、COVID-19検査2回を含む、管理されたホテルでの隔離

レッドリスト国への滞在は、飛行機のトランジット(乗換)も「滞在」としてカウントされます。
日本からイギリスまで乗継便を利用する場合は、十分にご注意ください。

 

イギリス留学のこと、なんでもお気軽にご相談ください。
無料カウンセリングお問い合わせはこちらより。

おすすめの学校

  1. Rose of York
  2. British Study Centres
  3. Oxford International Brighton
  4. Oxford International -London Greenwich
  5. St Giles International – London Central
  6. Oxford International – Oxford
  7. CELT – Centre for English Language Teaching – Cardiff
  8. British Study Centres Brighton
ページ上部へ戻る