イギリス留学ブログ

語学留学の成功は、日本人がいない環境?

語学留学のお問い合わせで、よくあるご希望の一つに「日本人がいないところ、少ないところ!」というものがあります。

日本人がいるところ=日本語を話してしまって、英語が伸びないだろう、というイメージがあるのだと思います。

もしくは、日本人がいないところの方が良い、とアドバイスを受けた方もいらっしゃることでしょう。

実際、日本語を話せる相手がいない環境に身を置いて、語学力をグンと伸ばしたという方もいらっしゃると思いますが、実は必ずしもそうではありません。

「日本人がいないところの方がよいのでしょうか・・?」というご質問を頂くときは、以下のような視点もご案内しています。

イギリスという国は完全英語環境です

当たり前ですが、イギリスに到着したら、生活の基本は全て英語です。
看板の表記も英語、店の人、駅の人との会話も英語、ホームステイ先も英語、学生寮の場合は管理人さんや寮の仲間との会話も英語、語学学校内ではもちろん英語。

留学時にあなたがどれだけ英語に慣れているか、にもよりますが、全てが日本語だった環境から、全てが英語になっている環境に移るのは、なかなかな変化だと思います。

日本語での助け合いというメリット

毎日の生活が英語、学校でも英語、その状況の中で、ストレスを感じてしまう方は実は少なくありません。

そんな時、同じような気持ちを抱えている方と日本語で分かち合える時間と言うのは実は非常に貴重なもの。ストレスを抱えたまま生活をしていくと、だんだん授業が苦になっていったりして、留学の楽しさが薄れていくこともあります。

また、同じレベルで勉強をしていても、二人の生徒が全員全く同じ文法力、語彙を持っているということはありません。

授業が終わってから、お互い日本語でその日の勉強について話すことで、英語学習を補えるという部分も大いにあります。

学内では日本人同士でも英語を

語学学校内で、言語を共有する人がいたら、その国の言葉で話したくなるのはみんな同じ。

だからこそ、語学学校内では、英語オンリーポリシーです。学内にいる間は、例えフランス語同士でも、スペイン語同士でも、日本語同士でも、英語で会話をするように努めなければいけません。

最初はちょっと恥ずかしいと感じることもあるかもしれません。

そんな方に是非試してほしいのは、学校の課外アクティビティ
パブに行ったり、クラス外の人とも関われるところに、是非日本人のお友達と一緒に参加してください。

日本語が通じない人がいるところでは、日本人同士の会話でも英語を話してあげるのが相手への思いやり。社交の場では授業と違って、会話が弾むとそれが自然とできるようになります。

もちろん気を付けないといけないこともあります

ある程度イギリスの生活環境に慣れると、毎日話す相手というのは決まってきます。

到着後生活に慣れてきて、楽しいな、と感じ始めた頃に、一度止まって考えてみてください。

日本語と英語を使う時間のバランスはどの程度とれていますか?

日本人コミュニティに巻き込まれて、不必要なストレスをためていませんか?

自分の生活のレビューをして、英語を使う場面があまりないな、と感じたら、方向転換をし、英語を使う機会を増やしていくチャンスです。

鍵はバランスのとり方

日本人がいる環境=日本語で話してしまうから英語が伸びない

このイメージはまず一旦捨ててください。

日本人同士でも気が合わない人もいっぱいいます。イギリスに来て、日本語が通じるからその人と話さないといけないというルールはありません。

大事なのは、英語と日本語を使う時間のバランスをうまくとっていくことです。

留学をしないと出会えなかった日本人の友達も人生においてかけがえのないものとなります。

留学期間中の語学力の伸び方は本当に人それぞれです。
他人と自分は違って良い、まずそれを認めてあげましょう。

色々な側面のバランスをうまく取りながら勉強に取り組むことが、結局語学力アップに一番大事なことだと思います!

弊社では、日本人が少ないところをご希望される方には、学校に日本人生徒の割合を事前に問い合わせたりして、そのような学校をご紹介しています。

その他、なんでもお気軽にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る