イギリス留学ブログ

イギリスで使用できるクレジットカードについて

イギリスはカード社会

現金を使う文化がまだ根強い日本に比べると、イギリスは毎日の生活でカードが主流です。

イギリスにご留学される方は、

・クレジットカード(または海外でも使えるデビットカード)
・現金を出せる、海外キャッシングカード

の二種類をお持ちいただくことを強くお勧めします。

例えばロンドンの地下鉄の券売機など、カード専用マシーンがほとんどです。
スーパーマーケット、カフェやレストランに行く時、カード決済が主流なのは、一旦こちらに到着したらすぐ気づくことだと思います。

イギリスで主流のクレジットカード

クレジットカードは、ビザカードマスターカードがお勧めです。

この二種類でしたら、あらゆるところで使えます。

逆にお勧めできないものは、アメリカンエクスプレス(AMEX)と、JCBカード。

この二種類は、使えるところは増えつつありますが、まだまだ主流ではありません。また、カード決済の機械の不具合で使えない、うまく接続しないということもありえますので、ビザかマスターは必ずお持ちください。

キャッシングもできるキャッシュパスポートもお勧めです。

かしこいお金の準備の仕方

例)1か月の短期語学留学
語学学校、ホームステイ(朝夕食つき)支払い済み

・イギリスポンドの現金→200~300ポンド
・日本円 → 予備として
・クレジットもしくはデビットカード x2枚(ビザかマスター)
・海外キャッシングのできるカード

このうち、現金はその日多く使う予定がない限りは、一日30~50ポンドがお財布に入っていれば十分です。
それ以外に関しては、クレジットかデビットカードで決済をしていきましょう。

使わないお金、予備の日本円などは、ホームステイ先でスーツケースの中にいれて、鍵をしめて保管しましょう。

これは、カバンやお財布が盗難、紛失してしまった際の予備となります。

現金をイギリスポンドに替える時は、日本で替えてくることをお勧めします。
日本にある両替所では、日本円の価値が高くなりますので、日本円を持っている方に有利となります。

同様に、ご帰国の際にイギリスポンドを日本円に両替する場合は、イギリス国内で替えましょう。


実は、イギリスに到着してから「自分のカードがなぜか使えない」というトラブルは割とよく聞くお話です。
カードの種類が原因だったり、逆に使用しようとしている機械自体の問題だったりすることもあります。

せっかくの滞在中にお金のトラブルにならないようにも、予備のカードやバックアップの方法を用意しておくことがおすすめです!

関連記事

ページ上部へ戻る