イギリス留学ブログ

ロンドン語学留学を安くできる裏技

裏技

「なるべく安くロンドンで語学学校に行きたい!」

と考えている皆様。こんにちは。

ロンドンに住んで、語学学校に行きたい、でも物価や家賃が高い、と悩まれる方が多くいらっしゃいます。

ここでは、ロンドン留学をする時に、費用を抑えることができる、裏技を教えます。


語学学校の質とは何か

「質がよくて安い学校に行きたい」

現実をまずお伝えすると、語学学校の料金と、質は比例します

しかし語学学校の質イコール授業の質だけではありません。

そもそも、語学学校の「質の良さ」の定義はなんでしょうか?

・授業の質
・教師陣の質
・学校事務局の質

に加えて、

・自習設備や図書室などがあるか
・生徒用のカフェなど生徒が集える場所があるか

など、学校の設備も語学学校の「質」に繋がります。

特にロンドンは、地価が世界でもトップレベル。
利便性のいい立地、広い校舎というのはその分学校経営の経費がぐんと上がります。

しかし、イギリスの首都ロンドンは語学学校激戦区として、色々な工夫をすることによって、低料金の語学学校が実現できている場所でもあります。

低料金=きちんと学べない、とは限りません。

さて、ではどうやって、全体の費用を抑えると良いでしょうか?

1.授業の時間帯

語学学校は、授業の時間帯で料金の変更がなく、一律で決まっているところもありますが、授業の時間帯で料金の差がついているところもあります。

例えば朝、昼、夕方、の授業のコマがあった場合、朝のコマは一番高い料金になりがちです。

これは、朝に学校に行き、その後は観光など自分のしたいことをしたい、という希望の生徒が多く、一番人気があるためです。

昼、夕方の時間帯が安い料金設定になっている理由は、単純に生徒のばらつきをもたせるためで、先生の質が悪いとか、授業内容が違うという意味ではまったくありません。

例)語学学校A 一般英語コースを4週間受講

9時から12時    → 860ポンド(約11万9200円)
15時半から18時半  → 500 ポンド (約6万9300円)

差額 → 360ポンド!(約4万9900円)

このように、安い時間帯を選べる学校にすることで、費用を抑えることが可能になります。

2.ホームステイを自炊式に

ホームステイは、朝夕食付、ランチは自分で購入というタイプが一番ポピュラーですが、これを食事なしの自炊式にすることで、費用が抑えられます。

また、家族と一緒に夕食をとるというような時間制限からも離れられますので、自由が欲しい方プライベートの時間やペースを保ちたい方にも最適です。

同じく自分のペースを保てる滞在先として学生寮もあげられますが、短期滞在の場合は、予約がしづらかったり、高額になるというデメリットがあります。

例)語学学校B ゾーン3の一人部屋に4週間滞在

朝夕食つき   → 840ポンド(約11万6500円)
自炊式     → 700 ポンド (約9万7000円)

差額 → 140ポンド!(約1万9500円)

3.バスのみで通学する

ロンドンに滞在する時には、市内移動の交通費を予算にしっかり組み込みましょう。

チョイスとして一番ポピュラーなのは、1週間ゾーン内の地下鉄やバス全般が乗り放題になるトラベルカード(Travel Card)です。

ロンドン中心部の学校(ゾーン1)に、ホームステイ先(ゾーン3)から通学する場合

<ゾーン1から3のトラベルカード>

・1週間      42ポンド40ペンス(約5900円)
・1か月まとめ買い 162ポンド90ペンス(約2万2600円) 

※どちらも2020年現在

これをバスとトラム(市街電車)のみにすることで、料金がこれだけ変わります。

<バス&トラムパス(Buss & Tram Pass)>

・1週間      21ポンド20ペンス(約2940円)
・1か月まとめ買い 81ポンド50ペンス(約1万1300円) 

※どちらも2020年現在

地下鉄の方が楽だけれど、バスでも行けなくはない、という場所の滞在先が確保できたら、このバス&トラムパスはとても便利でお得なオプションです。

ちなみに、バス&トラムパスを購入したあとに、地下鉄に乗りたい時があったら、プリペイド式(Pay as you go)の料金を足せば、地下鉄は、一度乗るごとにそこから料金が差し引かれる形になります。

一つのオイスターカードに全部いれられるので、とても便利です!

4.ホームステイが近い学校を選ぶ

3、でバス&トラムパスのご紹介をしましたが、残念ながらホームステイ先はバスだけで行けるように、と選ぶことはできないので、住まいの場所と学校の距離により、バスだけの通学は難しくなるかもしれません。

ですが、ロンドン中心部から離れた住宅地エリアにある語学学校を選ぶことで、通学時間や距離をぐんと減らすことが可能になります。

そのようなエリアで、語学学校が直接アレンジするホームステイを利用すると、学校から距離が近く、バスだけでの通学、短時間通学も見込めます。

どの語学学校だったらその可能性があるか、お気軽にお問い合わせください。

5.学生用オイスターカードをゲットしよう

14週間以上学校に通う18歳以上の方は、学生寮オイスターカードを作成できます。

ゾーン内乗り放題のトラベルカードが30%オフになりますので、とてもお得です。

20ポンドの初期費用が発生しますが、オンラインでオーダーすると、郵送で送られてきます。


いかがでしたか?
ちょっとだけ工夫をすることで、留学初期費用を料金をぐっと抑えることができるようになります。

是非留学プランを立てる時にご参考にしてくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る