中学・高校生の留学

イギリスの中学・高校にあたる教育は、個性を尊重し、個々の可能性を伸ばしていくことを重視して作られており、大学に入るため、もしくは社会に出るための準備を少しずつ行っていく段階、として作られています。
英語の勉強はもちろん、スポーツやアートなどを通して、豊かな人間性を養っていくことを目指し、点数や成績だけに制限されない、新しい学習の環境を見出していくことでしょう。

イギリスには、各個人の目的に沿った色々な教育機関があり、フレキシブルである傍ら、イギリスの教育制度そのものは、世界の中でも複雑なシステムを持っているとも言えます。日本のそれと比較するのが大変難しく、親しみのない方にとっては、日本の教育制度や方針を軸に考えるのは困難な部分もあるかもしれません。

イギリスのジュニア教育に経験豊富なカウンセラーが、お客様の背景とご希望、そしてイギリスのリアルな情報を基に、わかりやすく、一つ一つのステップをお手伝いして参ります。


ジュニア留学のタイプ

正規留学

イギリス現地の学生も勉強する学校に混ざる、もしくは海外からの生徒向けの学校にて勉強をします。授業は全て英語で行われますので、ある程度の英語力がすでにあることが望ましくなります。日本の小学校、中学校、高校とは大きく異なる教育制度となります。

キーワード::GCSE、Aレベル、International Baccalaureate(IB)


中・高校生の準備留学

上記の正規留学のコースに進むため、海外からの生徒用のコースで準備をするスタイルです。イギリスでは、インターナショナルスクールという位置になることが多くなりますが、インターナショナルスクール内にて、GCSEなどの資格をとることも可能になります。通常の授業に加え、英語を第二言語として習得するサポートも提供されますので、完全日本の教育からイギリスの正規留学に進む場合、このような準備コースを介していくことをお勧めしています。


夏休みのサマースクール

夏休みを利用して、最低1週間から、海外からの生徒を集めた特別コースに参加するスタイルです。第二言語としての英語を習得する授業を軸にして、スポーツやアート、観光などのアクティビティを通じ、世界中のお友達を作るチャンスです。また、インターナショナルスクールが開講するサマーコースの場合は、正規留学の準備コース的な内容になるものもあります。


中高生の語学研修、短期コース

ジュニアのための短期語学研修コースです。教師宅にホームステイをしたり、語学学校に短期で通います。上記3つに比べるとカジュアルな体験となります。


ジュニア留学の時期

正規留学の場合、通常の入学は、毎年9月です。
授業期間は、ターム(学期)制となり、通常は9月~6月までがアカデミックイヤー(学年度)、となります。

海外からの生徒を対象とした準備留学コースの場合も通常は正規留学に合わせますので、9月が入学の時期です。
1月や4月入学がある場合もありますが、お子様の英語力や学力により変わってきますので、お尋ね下さい。

日本の学校のお休みを利用した留学

春休み ・・・ 日本の春休みとイギリスの春休み(イースターホリデー)は、日程がずれるときがありますが、イースターのコースを開催している学校もあります。

夏休み ・・・ 日本の夏休みに比べて、イギリスの夏休みは早く開始しますので、7月の終わりから8月の半ばくらいにかけて、というコースへの参加が望ましいでしょう。サマースクールは、イギリス全国各地でたくさん開催されます。

冬休み ・・・ 残念ながら、冬休みに開催される短期コースは多くありません。イギリスのクリスマスは日本のお正月と同様になるので、学校もこの時期は閉まってしまいます。教師宅にホームステイをし、イギリスのクリスマスを体験するプログラムがお勧めです。


滞在方法

ジュニア留学滞在方法は、ホームステイか全寮制入学のどちらかに分かれます。
学校やコースにより、どちらか一つの方法しか選べない場合もありますので、ご了承下さい。

正規留学、準備留学のコースは、学内にて全寮制となることがほとんどです。
食事のアレルギーや、投薬が必要な場合もある程度までなら学校が管理してくれます。

正規留学の場合は、一学期の間に中休みだったり週末だけ学外に滞在をしなければいけない週があったりします。これらの場合には、責任者となる大人が同居しているところに滞在をしなければいけません。

弊社では、このような場合の未成年向けのホームステイのお手配もアレンジしています。


ビザについて知りましょう

大人と同様、イギリス留学の核となるのが、ビザのシステムを理解しておくことです。

ジュニア留学の場合は、年齢、タイプなどによってビザのシステムが変わってきます。

正規留学で、長期で留学をする生徒の場合は、Tier4 Childの取得、短期留学の生徒は、Short Term StudyビザをChildとして取得するのが一般的です。

準備を怠っているとイギリスに入国が許可されなかったり、ビザが却下される場合もありますので、しっかりと理解をし、準備をしておきましょう。

詳細は、イギリスビザについてのページをご覧下さい。

Averieでは、留学の際に必要となってくるビザに関するアドバイスもカウンセリングを通してご提供。ご希望の方には、イギリスビザ申請の専門家もご紹介しています。


ガーディアン制度

上記に紹介したようなイギリスの正規留学コースを受講するために未成年が単身で留学する場合、必ず現地でお子様の保護者の代わりとなる、「ガーディアン」の任命が必要となります。日本に親御様が残り、お子様のみがイギリスに正規留学する場合、ガーディアンのアレンジが必須となります。

ガーディアンは、イギリス(学校・留学中の生徒)と日本(親御様)の間に立ち、イギリスの学校と日本の架け橋となる役割として、中立な立場から、双方のコミュニケーションのサポートを行います。


Averieのジュニア留学サポート

在英歴の長い、ジュニアの教育制度や学校生活などに精通した日本人カウンセラーが皆様の留学への道のりをお手伝いいたします。

お子様やご家族によって、留学の経緯、留学のスタイルなどはそれぞれ変わって参ります。また、日本とイギリスは教育制度や勉強のスタイル、学校のランクのつき方、大学への進学スタイルなどが全く違います。
弊社のサポートにお申し込み頂く事で、留学のお手伝いはもちろん、イギリスで勉強をするとはどういうことか、という事を幅広く知って頂きたく思っています。

大事なお子様の留学ですから、保護者の方に、イギリスのスタイルなどをご理解、ご納得いただいた上で次のステップに進んで行けるよう、様々な面からカウンセリングを進めて参ります。
それぞれのご家庭、お子様のニーズに合わせたテーラーメードのサポートスタイルが可能ですが、弊社では基本のサポートサービスとして以下のようなサポートをご用意しております。

学校探しのサポート

①最大3校まで学校を絞るお手伝い、カウンセリング
お子様の状況やご希望などを含め、適していそうな学校を検索し、知りたい学校の内容をお調べし、内容を和訳してお客様にお伝えいたします。

②代行問い合わせ
 お客様の知りたい内容がウェブサイトなどから不明な場合、弊社が代行で学校にお問い合わせいたします。

③学校見学のサポート
 学校見学をご希望の場合の学校との予約の取り付け等

④進路カウンセリング
 上記のサポートを通じて、イギリス教育制度や学校生活に関する疑問へお答え、アドバイスを行います。

その他のサポート

学校見学同行、面談時の通訳アシスト(及びアシスト派遣)、
お申込手続きのみの代行、必要書類の翻訳、ガーディアンサービス

個別に必要なサービスを組み合わせたスタイルも可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

ページ上部へ戻る